2014年05月31日

夏が来ました

5月と言うのに、この暑さはいったいなんなの?
うだる職場を早々に切り上げ、週末深夜より自宅を出発してビワトロしてきました。

2014053101.jpg
何時ものポイントからカヤックを下ろしイザ出発。

潮の流れが何時もと逆で沖に出すのに、早朝よりバテバテ
それにしても、魚探に良い魚影軍団が写らない。
太陽が琵琶湖を照らし始めよーく覗き込むと、藻が沢山浮遊している
連日の暑さで、琵琶湖も一気に夏が来たようだ

進路を沖に向け漕ぎ出すと、待望のあたりが!

2014053102.jpg
「ウ」様でした
その後中学生サイズ一尾釣れましたが、優しくリリースして
「ボ」決定です。

追伸
「ウ」様は、ツ抜けでした。

posted by ふくちゃん at 00:00| Comment(12) | kayak | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月17日

そこそこのが釣れました

17日早朝より
3時間一本勝負してきました。

2014051701.jpg
ぼってりした、メス
50cm強ってとこです。
posted by ふくちゃん at 00:00| Comment(2) | kayak | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月11日

三時間一本勝負!

5月4日と11日
三時間一本勝負と銘打って、ビワトロしてきました。

5月4日
2014050401.jpg
前日にカヤックを積み込んで明朝出発

2014050402.jpg
風波は出てるけど、コレくらいなら大丈夫と言う事で三時間ぷかぷか
GWと言う事で、沢山の船が出てましたが私のロッドは曲がることはありませんでした。

2014050403.jpg
さすがGW、カヤックを積載してる車も、ちらほら

5月11日
2014051101.jpg
先週の筋肉痛も癒えぬまま、早朝の琵琶湖へ

2014051102.jpg
本日も三時間一本勝負の始まりだ!

2014051103.jpg
本日はベタ凪
竹生島も綺麗に浮かんでます

8時過ぎ待望の当たりが!しかし、ロッドを立てる暇も無くバレテしまう。
予定時間の9時が近づき、本日も“ボ”と思った時、快心の当たりが
手に伝わるビワマスの引き、新調にやり取りを行っていると、もう一つのロッドにもあたりが!



2014051104.jpg
何とかバラさずにダブル。
タイミングよく群が通過したのだろう

二本とも、良い魚です。
posted by ふくちゃん at 22:42| Comment(9) | kayak | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月08日

2尺鱒を求めて

先週は尺ビワ
今週は?

2013120801.jpg
土曜日は小雨の予報、日曜日は曇りの予報だったので
日曜日に先週より30分早く出かけてきました

2013120802.jpg
準備中は風も無く絶好のビワトロ日和かなっと思っていたら
太陽が出ると共に、北風も吹き出した
予報では9時頃に風速3m
何とかなる?と出航

2013120803.jpg

本日はウ様Day

魚探に映るのが全てウ様ではないかと思うほど、入れ食い状態
少しづつ風も強くなり、波頭が崩れはじめたので撤収とした
ドライスーツを着ているとは言え、下半身は波水に叩かれて修行僧状態

お片づけ中は北風にさらされて体の芯までひえひえ

2013120804.jpg
帰り道、視線を上げて見ると
比良山系は初冠雪
冷えるはずですわ

釣果も心も、あ〜さぶ


posted by ふくちゃん at 21:39| Comment(10) | kayak | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月01日

選択

本日12月1日は、世界エイズデー・映画の日・鉄の記念日・デジタル放送の日や、カレー南蛮の日でもあるが、私が所属する倶楽部の忍野ミーティングの日でもある。
山梨の倶楽部の面々がこの日のために美味しいご馳走を振舞ってくれる日でもある。
行こうかなぁ〜と思っていましたら、12月1日はご当地ビワマスの解禁日でもある。
う〜悩む!と悩んでいたら、翡翠もどきさんからオフ会のお誘いが・・・


そして悩んだ結果が

2013120101.jpg
夜明けの海津
アイソン彗星を見るのも楽しみにしてましたが、消滅するなんて

2013120102.jpg
風波が出てますが頑張ってきます

2013120103.jpg
真鯛用ムーチングロッドにAUBの組み合わせ
口の弱いビワマスにはムーチングロッド
これでもラインの抵抗で、バレテしまいます(本日も2尾バラしちゃいました)

2013120104.jpg
初物は尺物

お昼には終了して

2013120105.jpg
オフ会にも少し顔を出して来ました

倶楽部のミーティングが近くであれば、ランチに行くのになぁ
残念





posted by ふくちゃん at 21:57| Comment(12) | kayak | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月23日

禁漁まじか

渓流釣りの大半が 9月30日をもって禁漁になる。
例年なら“山向こう”の河川を攻めてから残りの日数は忘渓会となり、釣れても釣れなくても渓流で過ごしている。
しかし今年は8月初旬の釣行からは、例年のように釣り欲が湧かない。
先週も竿を置いての登山。
今週は土曜日出勤となったので、よけいに遠くに行く気になれない。
そんな中、脳裏をよぎったのが“ビワトロ
ビワマス漁も10月1日〜11月30日までは魚族保護の為禁漁になる。

2013092301.jpg
久しぶりにカヤックを引っ張り出し行ってきました。

海津を目指し車を走らせると、先週の台風18号の爪跡があちらこちらに
琵琶湖の水位も高くて、何時もカヤックを降ろす砂浜は埋没して余儀なく遠いポイントから攻めてみた。

2013092302.jpg
山があちらこちらで崩落している海津。
琵琶湖を覗いて見ると濁りきつし!
魚探には魚の反応はあるのだが、釣れない。
夏を惜しむ太陽がジリジリと照りつける。

そんななか、大きな当たりが!
頭を振る感触がロッドから伝わってくる
慎重にやり取りを行い、今季最後のビワマスをキャッチ!

2013092303.jpg
あれ?
それは丸々と太った“ウ様”に変化してしまった・・・

その後、ウ様を5匹追加して今季のビワマス漁は終了
ついにフライでビワマスを仕留める事は出来なかった
また、来期の課題として今から予習です。

posted by ふくちゃん at 18:43| Comment(12) | kayak | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月15日

尺時々1.7尺(写真忘れ)

今週も懲りずに行ってきました
ビワトロ
以前も申し上げましたが「FLYでビワマスが釣りたい」
この目標に向かって通ってます

2013061501.jpg
5時に出航すべく準備
しかしココでトラブル発生
FLY道具を持ってくるのを忘れてました

気を取り直して、ビワトロ
2013061502.jpg
久しぶりの曇り空
朝マズメの時間が長引いてくれます

8時頃から活性が上がり、ビワマスがポツポツと
2013061503.jpg
こちらは尺ビワ

1.7尺ビワの写真は?
あれ?無い
もうお腹の中です m(__)m

posted by ふくちゃん at 23:10| Comment(12) | kayak | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月01日

親潮の誘い

今週も懲りずにビワトロ
なぜ?
それは「何時かはFLYでビワマスゲットと思ってる」から

一年に数回、ビワマスを爆釣りする時がある
そんな活性の上がった日なら、FLYにもアタックしてくるはず
そんな想いで今シーズンは通ってます
それに現場も近くで、食べても美味しいと、とても経済的?

ルアーでのトローロングがメインとなりますが
ルアーとドジャーは勿論ハンドメイド

2013060101.jpg
先週なかなか動きの良かった、アクリルスプーンを増産して

2013060102.jpg
5時に出航
本日は9時から風速4mの予報なので、4時間勝負(パワーアシスト付き)

竹生島に進路をとると、今日はクッキリと潮目が出ている
まるで暖流と寒流がぶつかってるかのように
潮目にルアーを泳がして見ると尺ビワがポツポツ釣れて来る(勿論リリース)

2013060103.jpg
う様も雑じるので結構忙しい

そう、この日を待っていました
FLYロッドを取り出し、シュリンプフライをチョイスしてハーリング

う様も釣れない

完敗

レッドコアとTYPE4
ルアーとフライ
まだまだ勉強しなくてはならない事が沢山あります

2013060104.jpg
本当の写真掲載が出来るか、もう少し頑張ります。
リールファイトは楽しいだろうなぁ〜



posted by ふくちゃん at 21:59| Comment(14) | kayak | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月25日

パワーアシスト

妄想・・・
カヤックにエレキを付けてビワトロ
楽々スイスイ
ビワマス爆釣

と言うわけで
2013052501.jpg
エレキを付けて出撃してきました
エレキとバッテリーを搭載した為、喫水線が上昇しパドルで漕ぐととても重い
ラインを出す時は便利だがエレキに頼って沖でバッテリー切れでも起こすと、考えるだけでと怖い
と言うわけで、アシストとして使用していく事に

2013052503.jpg
竹生島方面を目指し、アシスト付きで約30分間漕ぎ出し
50mラインを流して見ると

2013052502.jpg
こんな小さなビワマスのヒットは初めて
(もちろんリリース)

時刻が8時を回った頃
琵琶湖を切り裂くような突風が吹いた台風
もともと9時頃までと考えていたの早めの撤収と思ったが、自然のほうが一枚上だった
風速5Mを超える向かい風と船首を越えるウネリ
エレキとバッテリーを搭載してるので、よけいに波をかぶる
船首にエレキが付いてるので、船首が波の中に突っ込む

30分で帰れるところを、1時間半かかり何とか帰航
手を見ると豆が
帰るのに必死で写真無
怖かったですがく〜(落胆した顔)

2013052504.jpg
これは今日一



posted by ふくちゃん at 22:35| Comment(10) | kayak | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月19日

今週も近場で

週末の天気予報は雨だった
しかも名神集中工事と言うことで高速は混み合っており、はなから琵琶湖にくり出す予定をしていた。

2013051801.jpg
午前5時に海津に到着
日の出前、良い天気になりそう・・・
え?雨の予報じゃなかったの?

2013051802.jpg
風も穏やかで、絶好の有酸素運動日和
9時終了予定でパドリます

2013051803.jpg
ルアーの点検の為、ラインを巻き上げると
あれ?尺サイズのビワマス君が付いている!
河川でつれたらバンザイのサイズなのだが、ココでは大きく育てと優しくリリース

2013051804.jpg
ケタバスはツ抜けを達成しましたが、本命はリリースの一尾で体に限界がきて予定終了
あえなく撤収

2013051805.jpg
すると間もなく、漁協の追いさで漁がこちらへ近づいて来たのでしばし見学をさせて頂いた。

追いさで漁は、早春から初夏にかけ、浅所の石についた藻類を食べに湖岸に接近してくるコアユの群をカラスの羽のついた竿(ウザオ)を使って湖岸沿いに追い集め、先に待ちかまえる「さで網」の中へ追い込んで捕る漁法。
まず浅瀬にいる鮎を探す所から始まるこの漁、この日は腰の曲がった老人が裸眼で湖岸の鮎を探しあて「さで網」の場所を指示し、追い込む人の立ち位置を決めスタート。

2013051806.jpg
見事に鮎を「さで網」に追い込み、この漁獲
光る湖面の中を「良く鮎が見えますね(しかも裸眼)」の問い合わせに対し、完全無視の超無愛想の老人。
仕事はしっかりこなし、漁を行っている人からは絶大な信用を得てるようだけど?


posted by ふくちゃん at 21:50| Comment(10) | kayak | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月12日

おひさ!

土曜日は雨だったが
日曜日はピーカン予報
行くなら、今でしょ!

2013051201.jpg
5時に出航すべく自宅を出発

2013051202.jpg
税金もそれなりに釣れますが

2013051203.jpg
ほとんど“鮭”

今年はもう少し狙ってみます
posted by ふくちゃん at 21:37| Comment(10) | kayak | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月20日

手が空いたので

本日は午後より手が空いたので釣具を自作する事にした。

その釣具は琵琶湖のトローリングで使用する「ドジャー」

2013012001.jpg
ドジャーは、10cm位から20cm位サイズの集魚版の事で1280円から高いものは5000円近い物もある。
めったに無くす物でもないが、2個無くしてしまったので自作することにしました。

2013012002.jpg
0.5mm厚、20×30cmのステンレス板と金切鋏を購入して製作開始

2013012003.jpg
左が市販品、右がステンレス板から切り出した物
そして真中が、切り出したステンレス板の曲げ加工をおえた物

なかなかうまく出来ました。
あとは実践でスイム確認!
うまく泳いでくれる事を願ってます。



posted by ふくちゃん at 22:14| Comment(14) | kayak | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月24日

いとしいしと

週末はクリスマス寒波
こんな時は映画鑑賞とばかりに

2012122201.jpg
『ロード・オブ・ザ・リング』の過去を描く『ホビット』と言うふれ込みで見たくて仕方の無い映画の一つでした。
三時間の上演時間もあっという間、2013年冬公開の続編が今から楽しみです。

2012122202.jpg
予告映画の中でこれが面白そう
海外の友人は三ツ星の評価をつけてます
なんたって「R15」指定です

ホビットを見たらどうしても「いとしいしと」に出会いたくて
2012122301.jpg
翌日は夜明け前に出撃
凪いでます

2012122302.jpg
ただ3時間の有酸素運動を行っただけ

2012122303.jpg
凄くスタミナを失ったので、夜は焼肉をチョイス
でも、しつこくてあまり食べれません
歳だなぁ

posted by ふくちゃん at 23:03| Comment(8) | kayak | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月09日

こんな日に?

冬将軍がやって来た週末

2012120801.jpg
金曜日夜、天気予報を見ると午前9時までは風速1m
9時からは3m、12時からは5m
朝一は出来るかも?

早速業務連絡をまわすとT氏から
「行くでぇ〜」の返事
半信半疑で用意して・・・

6時30分出発
2012120802.jpg
朝焼けに映る湖面
以外に穏やか?

2012120803.jpg
現場に着いて用意をしていると、少しづつ波が
それでも漕ぎ出し修行中、遠くで雷鳴が
「やばいかも」
慌てて帰航、そこからの急変は凄いことに
T氏も撤収

「ボ」より無事で何より

posted by ふくちゃん at 21:44| Comment(12) | kayak | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月02日

冬の休日

土曜日は、晴れ時々小雨 時おり突風 
北部は雪が混じってるかも知れない冬型の気圧配置
日曜日も駄目なんだろうなぁ〜と予報を見ると
北部も晴れ、しかも風も微風

こうなればカヤック隊の出撃でしょうと、業務連絡をまわすと皆さんハナからそのつもりだったようで、二つ返事で決行です。

2012120201.jpg
比良山系は初冠雪
朝日を浴びてとても綺麗

2012120202.jpg
琵琶湖横断レース?と思われる熱気球群
あの遊びも、冬は寒いのだろうな〜
と思ってたら頭の上にバーナーがあるので、それほど寒くないんだって

2012120203.jpg
けたたましくドラッグを鳴らしてくれた「ウ様」
何も釣れないよりましだが、「ウ様」が釣れると寒い
そんな時は思い切ってパトリング

小さいながら本命も出ました
写真を撮ったものだと思ってたら、大失敗
二枚おろしの写真を掲載しても仕方ないしね

今シーズンは出だし好調?かな
posted by ふくちゃん at 21:45| Comment(12) | kayak | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月26日

今週もビワトロ


久しく見ていない ビワマス君
本日こそは!と願いをこめて、こりもせず行ってきました。

2012052601.jpg
朝日に願いをこめ出航

沖を目指し、水深50メートルラインより釣り糸を垂らして本格的な有酸素運動の開始
すると?
間もなく!

ギ・ギ・ギ・ギ・ギィ〜

リールが逆転しラインが出て行く
ロッドを立てて合わせを入れると、頭を振る感触が伝わってくる
長く待ちわびたこの感触
ラインを巻き上げ、琵琶湖の底から銀色に輝く魚体が見えた

ヤッター

ロッドを持ち上げネットを出した瞬間
エラアライとともにテンションが無くなってしまったもうやだ〜(悲しい顔)

やってもた・・・

その後その周辺を、手にタコが出来るくらい流して見たが後の祭り・・・
気分を入れ替え竹生島方面に航路をとり、何時ものようにゆるゆる
すると!

ギ!ギ・ギ・ギ

先ほどに比べると当たりは小さいが、ロッドを立てて合わせを入れる
頭を振る感触が伝わってくる
神様ありがとう〜と心でつぶやきランデイング

あれ?

2012052602.jpg
ケタバスやん・・・

今まではアタリすら無かったので釣れないよりは楽しいが、やっぱり本命が欲しい
むなしい時間が過ぎて行き、飽きはじめた頃

ギ!ギ・ギ・ギ?

ロッドを立てあわせを入れる
何かがファイトしてるのだが・・・

2012052603.jpg
ウ様であった

出航より3時間
太陽も高くなり、そろそろ帰航しようかと思った瞬間

ギ・ギ・ギ・ギィ〜

今度こそは!







続きを読む
posted by ふくちゃん at 20:35| Comment(18) | kayak | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月20日

フライくずれの休日 から 金環日食

5月19日(土)
土曜日はフライフィッシングの予定でしたが、連絡がうまく取れずお流れ
急遽カヤックを浮かべて来ました。

2012051901.jpg
朝7時出航
天気も上々

2012051902.jpg
ベタ凪ではありますが、3時間も漕いでると罰ゲームに思えてきて撤収
夜になる頃 osugichanからラブコール
フライフィッシングのお誘いだ!

金曜日の深夜、急遽ビワトロの準備を行い、早朝出発
土曜日の夕方は、筋肉痛と寝不足でフラフラなのだが、何とかラブコールに答えたいと準備を行い深夜出発とした



続きを読む
posted by ふくちゃん at 23:13| Comment(14) | kayak | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月13日

ビワトロくずれの休日

土曜日は気温も下がり、風も強かった
しかしこんな日は二日と続かないだろうと土曜日、せっせとビワトロの準備をした

5月13日(日)晴
気温は低いが天気は最高!自宅周辺は無風
AM6;自宅出発 わーい(嬉しい顔)
AM10;帰宅 がく〜(落胆した顔)

2012051301.jpg
滋賀県北部は強風で船を出せる状態ではなかった
すかさずMr.Kさんに業務連絡
ふ「琵琶湖ダメなので、佐々里にします?」
K「えー!」「ビワトロダメなら仕方ないか・・・」
と言う事で急遽予定変更

2012051302.jpg
牡丹桜の脇をぬけ

2012051303.jpg
本日のランチは「鹿カツ、カレー」
肉の処理が良くて、臭みも無くとても柔らかいお肉でした
しかもコロモはサクサクで、美味

2012051204.jpg
Mr.Kさんとも合流し、8年ぶりと言う上流部を先行して頂きました
(この日もグッサンと遭遇、写真撮れてませんm(__)m )

続きを読む
posted by ふくちゃん at 00:00| Comment(24) | kayak | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月08日

大物の予感がしたのだが・・・

全国的に3連休と言うのに、昨日当社は出勤日でした
仕事中でも窓の外を眺めウズウズ
とても大物の予感がするので、帰宅と同時に出航準備をしMr.Kさんにも出撃命令を!
すんなりと言うか?はなから行くつもりであったみたいで、二つ返事でOK手(チョキ)

夕刻、私用があったので本日私は午前中勝負なのだ
(何時ものようにスライドショーで)

2012010802.jpg
北部は昨日も雪雪のようで、なおいっそうの雪化粧

2012010801.jpg
現地に到着し準備を行っていると後ろがやけに騒がしく、振り返ればサルの軍団が
出撃に対しての応援エールか?それともヤジかたらーっ(汗)

2012010803.jpg
10時出航!
12時までの2時間勝負(それ以上は有酸素運動がキツクて体がもちません)

続きを読む
posted by ふくちゃん at 23:03| Comment(20) | kayak | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月01日

釣と殺生

何はともあれ

あけまして
 おめでとうございます
本年もお付き合いの程、宜しくお願いします

もとえ
お正月は殺生したらあかんで!

幼い頃よく祖母に言い聞かされた言葉でしたがここ数年、お正月(正確には三日)に初釣として管釣に出撃しております。
しかし2012年は元日からMr.Kさんと出撃です。
(お互い信仰心の高い?仏教徒であるためフック無しのルアーで釣りをすると言う暗黙ルール付)

話をさかのぼれば、2011年12月31日大晦日・お正月用の魚を調達すべく、Mr.Kさんと湖北に出かけました。

2012010101.jpg
北に進路をとると、そこはもう雪国

2012010103.jpg
大晦日とは思えない年の瀬(凪)

絶好のチャンスなのに

2012010102.jpg
パドルを忘れ出航出来ないMr.Kさん
仕方ないのでレンタルボートで出撃しましょうとボート屋さんに向かうが・・・

2012010104.jpg
1月3日までは休業

あまりにも肩を落とすMr.Kさんを置いて私一人出撃するわけもいかず
またの日にしましょうと泣く泣く帰宅するのでありましたが、帰りがけのラジオから

「明日、元旦も穏やかな天候でしょう」
のアナウンス
でも明日は神社の行事に行かねば・・・

続きを読む
posted by ふくちゃん at 00:00| Comment(18) | kayak | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。